さくらの腹ペコ日記

sakura02.exblog.jp ブログトップ

チヂミなど

d0135330_22103550.jpg
寒い時期は食べたくなる温かい料理。且つ、ちょっとピリ辛だと更に体が温もるのではないでしょうか。

家庭でも作れるサムゲタン。以前のブログでもチョロッと書いたことがありますが、まさか鶏まるごと肉の中に餅米を詰め込むなんて出来ないので(丸ごと肉ってのも滅多に売ってないし)、私は骨付き手羽元でナンチャッテ的なサムゲタンを作ります。


d0135330_2217936.jpg
こちらが本場韓国で食した、本物のサムゲタン。鶏肉も違いますが、本場モノには高麗人参エキスも加えます。左上に写っている黄色い液体がそれ。珍しい物好きの日本人私としては、まずこの高麗人参だけを少し飲んでみたのですが・・・いやはや土臭いというか人参臭いというか。一口だけ舐めてみて、即座にグツグツ熱々のサムゲタンに混ぜ込みました。栄養たっぷりで美味しかったです。棗(ナツメ)なども入っているんですよね。ナンチャッテに入れたかったわ。どこで手に入るんだろう?乾物屋さんかな?

韓国キチガイの私はチョッカラ(銀の箸)とスッカラ(写真右のスプーンのような平たいもの)もお土産に購入してきました。適度に重いチョッカラと、スプーンより長くて持ちやすいスッカラ、お気に入りです。

韓国で食事処に入ると、必ずキムチが数種類置いてありますね。これがまた美味しいんです。日本のほどビリビリと辛いわけではなく、旨味成分が生きていてマイルドで食べやすい感じ。
この写真、実は滞在2日目の朝食の様子なんですが、お店に入ってサムゲタンを注文し、それが出てくるまでの間にテーブルに置いてあったキムチ3種を既に食べつくしてしまい、写っているのは実は2杯目のキムチたち(笑) 朝っぱらからどれだけガッついてたんでしょう我々。
韓国では、前菜に出ているキムチは少しずつ残すのが礼儀だとか。日本では残すと申し訳ないし全部食べてしまいがちですが、それを韓国でやってしまうと絶え間なくおかわりが来てしまうわけです。風習が少しずつ違うので面白いですね。


d0135330_22214546.jpg
さて、我が家の食卓にもどりまして、これもナンチャッテ風チヂミでございます。日本で発売されている韓国料理の本というのは、日本の家庭で手軽に出来る作り方を紹介してくれているわけでして、非常に重宝します。

d0135330_22221787.jpg
やたらとダラダラ喋り捲ったのでこのへんで簡単なレシピをば。

韮・・・・・・・・・・・・1/2束
サンマの蒲焼・・・1缶(100gぐらい)
全卵・・・・・・・・・・1個
小麦粉・・・・・・・・100g
水・・・・・・・・・・・・1/2カップ
キムチ・・・・・・・・80g(お好みで増減)
胡麻油・・・・・・・・適宜
白ゴマ・・・・・・・・適宜

韮は2~3センチの長さに切り、蒲焼は解すように潰し、キムチはみじん切り。全部の材料を混ぜ合わせて胡麻油で焼き、白ゴマを振るだけ。上の分量で4枚焼けます。簡単で美味しいですよ~。これといった調味料も入っていませんが、蒲焼の甘辛さが丁度良い味付け係となってくれますし、かといって蒲焼臭さも殆ど無いです。コチュジャン・豆板醤・レモン汁を混ぜたタレでどうぞ。
[PR]
by sakura_52617 | 2008-01-30 22:49 | 料理
line

春になりました~


by sakura_52617
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30